パネライをオーバーホールする時の注意点

パネライをオーバーホールするのには状態や症状にもよりますが、5万円程度はかかります。保証期間は購入日から2年メーカー保証が付くのが基本ですが、リューズが使いづらく感じてきたり、ガラス表面に曇りがでてきたりするのは3年くらい経過してからですので、オリジナル保証で販売店保証3年付きのお店で購入するのがおすすめです。革ベルトの場合には毎日使っているとどうしても劣化してしまうので、夏はラバーベルトに交換して使うのがおすすめです。革ベルトの交換は時計店でも可能ですが、パネライの正規品や純正品と同じレベルの革を購入しようとすれば10万円程度かかってしまうこともあります。購入時でも高額のブランド時計ですが、メンテナンスに関しても費用がかかることを承知しておかなくてはなりません。

パネライのオーバーホールは数年周期で行うのがベストです

ベルトの交換は状態を見ながら交換をすることができますが、毎日使っているとなれば時計本体も故障とはいえなくても不具合が生じてきます。特にリューズは回しづらくなったり、ガラス面には曇りがでたり、傷がついたりして気になるようになります。修理点検は5年くらいの周期で行うのがおすすめです。高級ブランド時計ですので修理なしでも使い方によっては不具合なしで10年ほどは持ちますが、定期的に点検をしておくことで消耗品の部品交換だけで済むことが多いからです。中古品で購入する場合にも保証期間内のものを選ぶのがおすすめです。高額のブランド時計であり、値段も気になりますが、保証のない中古品では修理をするだけで多額の費用が発生するおそれがあるからです。購入するお店も信頼できるところを選び、管理番号であるPAM番号と裏蓋の製造番号などがわかるものを選ぶことがランニングコストの負担を軽減させる方法でもあります。

メーカーのコンプリートサービスか時計修理屋のオーバーホールか

メーカーのコンプリートサービスは熟練した職人がひとつひとつ丁寧に修理点検をしてくれますので安全ですし信頼できます。何よりも高級時計を丁寧に扱っている醍醐味を感じられますし、資産価値を高めることにもつながります。コンプリートサービスはパッケージプランになっており、本店に持ち込むか、代理店に持ち込むことで対応してもらえます。本店のほうが直接不具合を職人に報告できるので便利です。機械完全整備、内装外超音波洗浄、最終機能点検、防水モデルの場合には防水機能検査やパッキンの交換も含まれています。基本的には分解掃除でケース磨きは別料金になります。時計修理屋でもブランド時計のオーバーホールをしてもらえます。こちらも基本的にはケース磨きは別料金で分解掃除がパッケージされたプランになります。メーカーのサービスの半額程度ですのでお財布に優しいのが魅力です。

受付時間外での対応をご希望の方は、郵送にて受付を行っておりますので依頼ページよりご連絡が可能です。 ROLEXやOMEGAなど各ブランドの時計を実際に修理し手掛けた事例を価格と共にご紹介しています。 修理を終えた最新の記録や進捗状況をトピックスにて更新してお届けしています。 オーバーホールとは一体どんな修理だろう?と気になった方へ、分解から仕上げまでの流れを掲載しています。 パネライのオーバーホールのことなら専門店にご相談